MENU
カテゴリー

「EURO 2024 チーム別まとめ」~ウクライナ代表編~

目次

代表メンバー

▽GK
1 ヘオリー・ブスチャン(ディナモ・キーウ)
12 アナトリー・トルビン (ベンフィカ)
23 アンドリー・ルニン(R・マドリー)

▽DF
2 ユヒム・コノプリア(シャフタール)
3 オレクサンドル・スバトク(ドニプロ)
4 マクシム・タロビエロフ(LASKリンツ)
13 イリア・ザバルニー(ボーンマス)
16 ビタリー・ミコレンコ(エバートン)
21 バレリー・ボンダル(シャフタール)
22 ミコラ・マトビエンコ(シャフタール)
24 オレクサンダー・ティムチク(ディナモ・キーウ)
26 ボグダン・ミハイリチェンコ(ポリッシャ・ジトーミル)

▽MF
5 セルゲイ・シドルチュク(ウェステルロー)
6 タラス・ステパネンコ(シャフタール)
アンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キーウ)
ルスラン・マリノフスキー(ジェノア)
10 ミハイロ・ムドリク(チェルシー)
14 ゲオルギ・スダコフ(シャフタール)
15 ビクトル・ツィハンコフ(ジローナ)
17 オレクサンドル・ジンチェンコ(アーセナル)
18 ボロディミル・ブラジコ(ディナモ・キーウ)
19 ミコラ・シャパレンコ(ディナモ・キーウ)
20 オレクサンドル・ズブコフ(シャフタール)

▽FW
9 ロマン・ヤレムチュク(バレンシア)
11 アルテム・ドフビク(ジローナ)
25 バラディスラフ・バナト(ディナモ・キーウ)

GS 第1節 ルーマニア戦

90分間を象徴する両チームのポジトラの質

 グループEは群雄割拠。どのチームが抜けてもおかしくはない拮抗しているグループ分けである。

 ボールを持つことが多くなったのはウクライナ。CB+CHの4枚がベースとなるビルドアップ。SBにはかなり自由が与えられており、CBと同じ高さに立ち、5人目のビルドアップに関与するFPになる場合もあれば、インサイドに絞り高い位置で縦パスのレシーバーになることもある。なお、ボールサイドのSBに合わせてSHが低い位置を取ることもあったため、ウクライナのビルドアップは後ろに重たい形になっていた。

 アタッキングサードではサイドから縦の突破を仕掛けてライナー性のクロスを入れる。右はコノプリャーとツィガンコフ、左はムドリクやスダコフが顔を出しての折り返しを狙っていく。

 この形はもちろん悪くはないのだけども、ややサイドへの展開が早すぎだった感もある。スダコフ、ジンチェンコ、コノプリャーあたりがインサイドで後方から縦パスを引き出すことができれば、もう少しサイドの状況は楽になったのだろう。裏を返せばルーマニアが引くときに使わせたくないスペースからきっちり埋めていたことの証左でもある。

 保持に転じたルーマニアは直線的な攻撃を仕掛けていく。CFに当てつつ、右の大外の縦コンビかシンプルにクロスを上げていく。攻撃をやり切る姿勢は悪くはないが、クロスはいかんせんシンプルなので、なかなかゴールに迫ることができない。

 そうした中で結実したのはプレス。ローラインで堅実に守りながらも隙があれば高い位置まで出ていく姿勢を見せるルーマニアの良さが出たプレスから先制点をゲット。ハイプレスでボールを引っ掛けるとスタンチュがスーパーシュートを沈めてルーマニアが先制する。

 ウクライナからすればマトヴィエンコにボールが渡った時点で脱出できたかなと思ったが、コースを消されたこともあり、処理が慌ててしまい、ルニンに爆弾パスを渡す形になってしまった。このゴールでルーマニアは一気に勢いづくように。カウンターからのシュートなど、少しネガトラの遅さが気になるウクライナのバックスに対して、シュートを増やしていく。

 対するウクライナは保持での打開策が見つからず。ハーフスペースを堅実に潰し続けるルーマニアの守備に対してギャップを作ることができず。よりクロスを上げるのがハードになった状態でハーフタイムを迎える。

 後半も大きく流れは変わらない。保持をベースに解決策を探すウクライナに対して、ルーマニアがきっちりとラインを下げて守る形を続ける。ウクライナはジンチェンコを気持ち高めの位置に配置したような気もしたが、大枠は変えず。前半と似た盤面が続くこととなる。

 流れを変える決め手になったのはカウンターだろう。見事なキャリーを見せたスダコフをムドリクがトランジッションの遅れで助けられなかったウクライナのカウンターが不発になった直後に、ドラグシュのキープを脱兎のことく駆け上がって助けたラティウがカウンター完結までの道をつなげたという一連は90分間の両チームの勢いを象徴するものであった。

 ルーマニアは1点目と同じく豪快なミドルをマリンが沈めてリードを広げる。さらには息をつく間も無く3点目。右サイドで落ち着きを見せていたマンが焦るウクライナのDF陣を翻弄している姿には2-0というスコアを感じざるを得なかった。

 ウクライナは2トップに移行し、左右からのクロスからゴールに迫っていく。ここに気持ちを切らさなかったのは救いではある。ムドリクのプレースキックを含め、ゴールに迫る場面も作れており、反撃の姿勢が見られなかったわけではない。

 しかしながら、得点に関してはドラグシンを中心とするルーマニアの守備陣がシャットアウト。1つ止めては互いを鼓舞し合う好循環でローラインで耐え続ける終盤戦を過ごす。

 試合は3-0。思わぬ大差がついた一戦は先制点で勢いに乗ったルーマニアが完勝を飾った。

ひとこと

 先制されるとめんどくさそうな国であるルーマニア。守備の堅さはどのチーム相手でもめんどくさそうではあるが、攻撃が成り立つかに関してはCFが後方の選手を攻め上がるための時間が作れるかで決まりそう。相手の守備陣とのマッチアップのバランスが変われば、押し返す手段を持てずに苦戦するパターンもなくはなさそうだ。

試合結果

2024.6.17
EURO 2024
グループE 第1節
ルーマニア 3-0 ウクライナ
フースバル・アレナ・ミュンヘン
【得点者】
ROM:29′ スタンチュ, 53′ ラズバン・マリン, 57 ドラグシュ
主審:グレン・ニーベリ

GS 第2節 スロバキア戦

ガラッと変わった後半を制したウクライナが逆転勝利

 ベルギーを倒すという第1節最大の驚きを提供したスロバキア。連勝で一気に突破を決めたいところ。対戦相手は初戦を落としてしまい、ここで負けるとまずいこととなるだけに一戦必勝の構えである。

 ボールを持ってスタートしたのはスロバキア。1トップのドフビクのみがバックスに圧力をかけるため、スロバキアのCBは距離を取るだけでボールを動かす事ができる。

 ウクライナは中盤がマンツーできついマークをしていたため、スロバキアの攻撃は外循環。それでも敵陣に迫ることができていたのは左サイドのハラルソンがいたからこそ。彼が左サイドで圧倒的な存在感を見せており、対面をはがしてのクロスでチャンスを作っていく。

 先制点もこの左サイドから。スローインからハラルソンがアクロバティックなクロスを入れてアシスト。シュランツがゴールを仕留めて先制する。

 一方のウクライナはカウンターベースで反撃。縦に速い攻撃から一気にゴールに向かっていく。徐々に増えてきた保持局面でも4-4-2でコンパクトに守るスロバキアに対して苦戦。なかなかこじ開けられるほどの糸口を見つけることができない。

 終盤には左のハーフスペースのムドリクへの縦パスか、対角パスからの右の大外のヤルモレンコの1on1からチャンスを作っていく。しかし、スロバキアはこの攻撃を凌ぎリードを維持したままハーフタイムに突入する。

 後半、リードをしているスロバキアはハイプレスでスタート。ウクライナはボール保持からこのプレスを鎮静化。前半とは打って変わってウクライナがボールをもつ時間が長くなっていく。

 しかしながら、展開を動かすのはダイレクトな攻撃。攻守が切り替わる展開からムドリクのスピードを生かしたファストブレイクが最も効率的に敵陣に入り込んでいく。

 この形からウクライナは同点ゴールをゲット。ムドリクの陣地回復から敵陣に迫ると、遅れて入ってきたジンチェンコのクロスからゴールを奪う。

 カウンターベースで反撃したスロバキアだが、前半に機能した左サイドのユニットは沈黙。ここのセットを入れ替えてもなかなかペースを掴むことができない。

 すると、ウクライナは長いパスから勝ち越し。後ろから来たボールをアクロバティックなコントロールで巧みに押し込んだヤレムチュクが逆転ゴールを手にする。

 4-5-1でブロックを組んでの逃げ切りに成功したウクライナ。逆転勝利で第1節での敗戦を払拭する3ポイントを手にした。

ひとこと

 後半はムドリクの良さがほんのり出た展開だった。

試合結果

2024.6.21
EURO 2024
グループE 第2節
スロバキア 1-2 ウクライナ
デュッセルドルフ・アレナ
【得点者】
SVK:17′ シュランツ
UKR:54′ シャパレンコ, 80′ ヤレムチュク
主審:マイケル・オリバー

GS 第3節 ベルギー戦

Round 16 イングランド戦

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次