MENU
カテゴリー

「EURO 2024 チーム別まとめ」~スロベニア代表編~

目次

代表メンバー

▽GK
ヤン・オブラク(A・マドリー)
12 ビド・ベレツ(APOEL)
16 イゴル・ベキッチ(ベイレ)

▽DF
2 ジャン・カルニチニク(ツェリエ)
3 ユレ・バルコベツ(アランヤスポル)
4 ミハ・ブラジッチ(レフ・ポズナニ)
ジャカ・ビヨル(ウディネーゼ)
13 エリク・ヤンジャ(グールニク・ザブジェ)
20 ペタル・ストヤノビッチ(サンプドリア)
21 バニャ・ドルクシッチ(ソチ)
23 ダビド・ブレカロ(オーランド・C)

▽MF
5 ヨン・ゴレンツ・スタンコビッチ(シュトルム・グラーツ)
7 ベンヤミン・ベルビッチ(パナシナイコス)
サンディ・ロブリッチ(ウディネーゼ)
10 ティミ・エルシュニク(オリンピア・リュブリャナ)
14 ジャスミン・クルティッチ(ズュートティロール)
15 トミ・ホルバト(シュトルム・グラーツ)
22 アダム・グネズダ・チェリン(パナシナイコス)
24 ニノ・ジュゲリ(ボデ・グリムト)
25 アドリアン・ゼリコビッチ(スパルタク・トルナバ)
26 ヨシプ・イリチッチ(NKマリボル)

▽FW
9 アンドラジュ・シュポラル(パナシナイコス)
11 ベンヤミン・シェシュコ(ライプツィヒ)
17 ヤン・ムラカル(ピサ)
18 ジャン・ビポトニク(ボルドー)
19 ジャン・ツェラル(ルガーノ)

GS 第1節 デンマーク戦

エリクセンの特別なゴール

 ボールを持つ側になったのはデンマーク。上のフォーメーションの図では5-3-2のような形になっているが、実際にはエリクセンがシャドーの一角のような振る舞い。ヒュルマンドとは明確な前後関係が形成されている状態で保持を行う。

 一方のスロベニアは4-4-2で構える形。デンマークのバックラインはプレスに行かず、2トップは中盤を基準として守備を行っていく。前述のシャドーのエリクセンは前線に飛び出す役割を行っているのだが、その場合はスロベニアのCHは縦関係となり、片方が最終ラインに入る形でケアする。

 デンマークはスロベニアの2トップの脇から進撃。ここから2トップを目掛けてボールを入れて攻撃を構築する。ホイルンドとウィンドの2トップは左右に動きながら起点となり、中盤からの飛び出しを促すようなポイントの作り方を行う。

 この形が実ったのが先制点。サイドに流れてスロベニアを押し下げたホイルンドが作ったスペースに飛び込んだのはエリクセン。ウィンドのラストパスを受けて4年前のEUROの悲劇を塗り替えるようなメモリアルなゴールを決めた。

 以降も主導権を握るのはデンマーク。3バックを基調とした安定したポゼッションから押し込む状況を続けていく。スロベニアもスポラルとシェシュコの2トップにボールを放り込んでいくが、なかなか起点を作ることができず。頼みのセットプレーを稼ぐために、後方を3枚にすることでボールを持つ安定感を増していこうという考えのように見えたが、デンマークほどの保持の基盤は作れなかったという印象だった。

 後半の両チームはとにかくセットプレーからのチャンスメイクが目立つ流れ。互いにボックス付近でファウルを得るとここからハイボールでゴールチャンスを迎えることに。

 トップに収めてチャンスを作るのが上手いのはリードをしているデンマーク。さらにはカウンターからホイビュアがボールを運び、サイドに流れるウィンドからの折り返しから決定機を作る場面もあった。同様にスロベニアもCFのサイドフローからチャンス。セットプレーもオープンプレーも似た形からチャンスを作る両チームであった。

 均衡ムードの流れを変えたのはビハインドのスロベニア。シェシュコのミドルがポストを捉えたことで勇気を得ると、直後のCKからヤンザの豪快なミドルがネットを突き刺す。

 このゴールで試合の流れは一変。試合の主導権はスロベニアに。サイドに流れるスポラルや中央で起点になることができるシェシュコからのチャンスメイクでデンマークのゴールに迫る。

 CFを起点に使った攻撃の機能性が主導権に直結したこの試合。前半はデンマーク、後半はスロベニア優勢というコントラストがくっきりの引き分けとなった。

ひとこと

 エリクセンがこの舞台でゴールを決めたこと、とにかく感慨深い。あの時のデンマークには勇気をもらったことを覚えている。

試合結果

2024.6.16
EURO 2024
グループC 第1節
スロベニア 1-1 デンマーク
シュツットガルト・アレナ
【得点者】
SVN:77‘ ヤンザ
DEN:17’ エリクセン
主審:サンドロ・シェーラー

GS 第2節 セルビア戦

柔と剛、それぞれの2トップ

 ボールを持つのはスロベニア。セルビアのプレス隊の脇でフリーでボールを持つと、ここからボールを進めていく。

 サイドから押し下げるケースもあったが、スロベニアの前進のメインは縦パスを受ける2トップ。シェシュコ、スポラルの2トップは共に動きながらボールを収めることができる機動力のあるコンビ。サイドから斜めのパスをこの2トップにボールを当てて、逆サイドに展開する。もしくは、ポストでコースを変えて攻撃の目先を変えてボックス内に侵入。狭い中央のエリアでもこじ開けることができていたため、細かいパスのベクトルの変化はセルビアの守備陣の負荷になっていたように思う。

 対するセルビアはボールを前に進めることに苦戦。立ち上がりこそ横断しながらボールを動かすことができたが、徐々に手詰まりに。WBを使って前に進みたいところだが、スロベニアの前から止めるアクションによりハーフウェイラインを超えて前に進むことができない。

 ならばボール奪取を!と行きたいところだが、セルビアはボールの奪いどころがない。CFを警戒して中央を閉めると、CBのキャリーからサイドにつけられるなど、常にスロベニアの方がセルビアの嫌なことにアプローチできていた印象である。

 前半の終盤にようやくセルビアは前進できるように。スロベニアの2トップとは異なり、ゴリゴリと体を当てて踏ん張るタイプの2トップで何とかボールを収めながらボックス内に侵入する。ボールを収めて反転したミトロビッチは決定機を迎えたが、これは最後の砦のオブラクに阻まれる。それでも、30分以降は少しずつ反撃をすることができていたセルビアだった。

 後半もミトロビッチのシュートをオブラクが止めるという前半のリプレイのようなシーンでスタート。押し込むセルビアに対して、スロベニアは軽さのあるカウンターから反撃に挑む。2トップの基準点としての機能性に加えて、後半に目立ったのは右サイドのキャリー。カルニッチニック、ストヤノビッチのドリブルからセルビアのMFを超えると、一気に押し下げていく。

 ゴールの起点となったのはカルニッチニックのドリブル。セルビアの守備網の薄いところからボールを前に進めると、逆サイドまでの横断に成功。ここからクロスを上げるとカルニッチニックが自らフィニッシャーとなり先制ゴールを決める。

 追いかけたいセルビアは以降は押し込むフェーズに。スロベニアは自陣での守備をきっちり受け入れる形でボックス内にブロックを組む。

 なかなかこじ開けられないセルビアだったが、ラストプレーで奮闘が身を結ぶことに。CKに競り勝って押し込んだヨビッチが勝ち点1の立役者になった。スロベニアの勝利を奪い取り、1ポイントを手にしたセルビア。最終節に突破の望みをつなぐことに成功した。

ひとこと

 セルビアとスロベニアの2トップのキャラクターの違いを生かした前進は面白かった。

試合結果

2024.6.20
EURO 2024
グループC 第2節
スロベニア 1-1 セルビア
フースバル・アレナ・ミュンヘン
【得点者】
SVN:69′ カルニッチニック
SER:90+5′ ヨヴィッチ
主審:イシュトヴァン・コヴァーチ

GS 第3節

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次