MENU
カテゴリー

「EURO 2024 チーム別まとめ」~スイス代表編~

目次

代表メンバー

▽GK
ヤン・ゾマー(インテル)
12 イボン・ムボゴ(ロリアン)
21 グレゴール・コベル(ドルトムント)

▽DF
レオニダス・ステルギウ(シュツットガルト)
シルバン・ビドマー(マインツ)
ニコ・エルベディ(ボルシアMG)
マヌエル・アカンジ(マンチェスター・C)
13 リカルド・ロドリゲス(トリノ)
15 セドリク・ツェジガー(ボルフスブルク)
22 ファビアン・シェア(ニューカッスル)

▽MF
デニス・ザカリア(モナコ)
レモ・フロイラー(ボローニャ)
ノア・オカフォー(ミラン)
10 グラニト・ジャカ(レバークーゼン)
11 レナト・シュテフェン(ルガーノ)
14 シュテファン・ツバー(AEKアテネ)
16 バンサン・シエロ(トゥールーズ)
20 ミシェル・アエビシェール(ボローニャ)
23 ジェルダン・シャキリ(シカゴ・ファイアー)
24 アルドン・ヤシャリ(ルツェルン)
26 ファビアン・リーダー(レンヌ)

▽FW
ブレール・エンボロ(モナコ)
17 ルベン・バルガス(アウクスブルク)
18 クワドウォ・ドゥアー(ルドゴレツ)
19 ダン・エンドイェ(ボローニャ)
25 ゼキ・アムドゥニ(バーンリー)

■監督
ムラト・ヤキン

GS 第1節 ハンガリー戦

ドイツの追手のポールポジションはスイスに

 本命のドイツを追う2つのチームによる直接対決。2位以上を確保するためにもここでライバルを叩いておきたい一戦である。

 互いにフォーメーションは3-4-2-1。ミラーでぶつかる両チームでの激突でまず求められるのは保持側のチームの対応となる。余裕があったのはスイス。ハンガリーがマンツーで前から当たってくることをしなかったため、バックスからボールを動かすことができていた。

 前進のためのズレを作ろうとしていたのは左サイド。高い位置に動くリカルド・ロドリゲスに合わせてジャカが低い位置を取るなどでマンツーの噛み合わせを破壊していく。

 特徴的だったのは多くの人が話題にあげていた20番のアエビシェールだろう。特に国際大会ではSBやWBは大外専用機になることが多いのだけども、このアエビシェールはかなり自由なポジショニングをとる。大外をバルガスに任せ、自らはインサイドに絞りながら攻撃に参加する。

 そして、アエビシェールは中央で2つのゴールに関与。先制点はライン間で縦パスのレシーバーになり、ドゥアーへの裏抜けでのラストパスを送ってアシストを記録。2つ目は豪快なミドルで追加点を奪う。

 左右から自在に押し込むスイスに対して、ハンガリーはなかなか前進をやり返すことができず。非保持ではボールの取りどころがわからず、保持ではロングボールでは逃げられない!という感じ。広く繋ぎながらスイスのマークのズレを剥がす方がまだ有力という状態だった。左サイドではスイスと同じようにマンツーをずらす旋回が散発的に見られたはしたが、決定的にゴールに向かうことができるほど大きなズレではないという感じ。2点のリードの分、明確にスイスが優勢だった前半と言っていいだろう。

 後半、ハンガリーはより前よりのプレスを仕掛けるように。前からハメに行くアクションを増やし、同サイドにスイスのボール保持を誘導しようと試みる。しかしながら、スイスのポゼッションの質の高さには苦戦。プレッシャーを逃しながら広く幅を使うスイスの組み立てに対して、なかなか狭いところに囲うことができなかった印象だ。

 保持に回った時のハンガリーはCHが左サイド落ちながら押し上げてつつ左サイドにオーバーロード気味に人を集めてはいたが、こちらも決め手にはならず。スイスがプレスを緩めたため、ボールを持つ機会自体はフラットになったが、その分ハンガリーが明確にチャンスを増やしたわけではなかった。

 ハンガリーは川崎ファンにはお馴染みの蔚山のアダムを投入し2トップに変化。しかしながら、スイスのボックス内の跳ね返し強度には屈してしまい引き続き空中戦でも優位を取ることができない。

 終盤は攻め疲れたハンガリーは徐々にスイスの反撃を受けるように。するとスイスはトドメの一撃をお見舞い。相手のCBのクロスの処理が甘くなったところをエンボロが掻っ攫いそのままゴールを沈める。

 前半は保持での変化を見せながら、後半は堅く逃げ切りを見せたスイス。GS突破に向けて好発進と言える勝利を飾った。

ひとこと

 左サイドの旋回とジャカの司令塔としての役割は見事。堅さもあるしスイスは悪くない内容だったのではないか。

試合結果

2024.6.15
EURO 2024
グループA 第1節
ハンガリー 1-3 スイス
ケルン・スタジアム
【得点者】
HUN:66′ ヴァルガ
SWI:12′ ドゥアー, 45′ アエビシェール, 90+3′ エンボロ
主審:スラヴコ・ビンチッチ

GS 第2節 スコットランド戦

プレスとセットプレーで得点の機会を探るが・・・

 スイスは勝てばドイツに並びノックアウトステージ進出が決定。スコットランドとの得失点差を考えれば、引き分けでも突破はかなり濃厚になると言えるだろう。

 立ち上がりはスコットランドがサイドからジリジリと前進。地道な前進からのクロスでゴールを狙っていく。自陣に押し込まれたスイスは縦に早くロングカウンターで応戦。序盤は落ち着かない立ち上がりとなった。

 時間が経過するとボールを持つのはスイス。中央を固める陣形となっているスコットランドの守備に対して、右のSBの位置に降りてくるフロイラーが降りてフリーでボールを動かしていく。ここから縦に進み、右サイドから押し込んでいく。この辺り、左偏重となっていた第1節と攻め筋は少し異なっていた。大外に上がるのはヴィトマーでシャキリとエンドイェがインサイドで近い距離でプレーする。

 押し込むとスイスは高い位置からプレス。ハイテンポではないが敵陣から人基準で追い回す。スコットランドのプレスの耐性は怪しく、プレスに対してかなり危うい感じになっていたのは気がかりであった。

 しかし、先制したのはスコットランド。自陣でCKを跳ね返したマクトミネイが敵陣に侵入して放ったシュートが跳ね返ってゴール。押し込まれながらも先にスコアを動かす。

 だが、スイスも早い段階で反撃。ハイプレスに成功したスイスはシャキリが1on1で勝負できる局面を迎えてこのチャンスをモノにする。

 この得点以降、ペースを引き寄せたスイス。左サイドのコンビネーションを確立し、一気に押し込む。CKからネットを揺らす場面もあったが、これはオフサイドで認められなかった。

 スコットランドは40分以降にWBで相手のワイドをピン留めし、3バックが安定したポゼッションを見せたが、そこから先には進めず。やはり大外のロバートソンに突破力まで求めてしまうのはなかなか苦しいものがある。

 後半も前半と陸続き。互いにマークが空きやすいサイドからゴリゴリと進むジリジリとした展開となる。スイスがポゼッションを握る立ち上がりにはなったが、スコットランドのサイド圧縮に苦戦。狭いスペースに追い込まれ前半よりも低い位置で攻撃を止められる機会が増える。

 一方のスコットランドも前半の終盤のリズムを踏襲し、ワイドから押し込む。だが、突破力がないという課題は変わらず。セットプレーをいかに生かすかとプレッシングでどこまでリスクを負うかの勝負になっていく。

 決定機があったのはスイスの方だろう。エンドイェの抜け出しやセットプレーからの決定機でスコットランドを追い込むが得点には至らず。スイスは一方的に攻め立てるというよりはどちらかといえば優勢くらいのテイストであり、引き分けでも突破が見えてくるという勝ち点勘定も関係しているのかもしれない。突破に向けて苦しくなったのは得失点で大きなマイナスを抱えているスコットランドの方だろう。

ひとこと

 スイスは前節見せた万能性が薄れて少し器用貧乏感が出てきたのが気がかり。もう少し左サイドの可変性が前節のように前面に押し出せればいい流れができるのではないかなと思ったが。

試合結果

2024.6.19
EURO 2024
グループA 第2節
スコットランド 1-1 スイス
ケルン・スタジアム
【得点者】
SCO:13′ マクトミネイ
SWI:26′ シャキリ
主審:イヴァン・クルチニャク

GS 第3節 ドイツ戦

なりふり構わぬナーゲルスマンを救った最強のスーパーサブ

 すでに突破を決めているドイツだが、この試合もフルスカッド。2位濃厚とはいえ勝ち点を重ねて突破を確実にしたいスイスにとっては迷惑な話だろう。

 立ち上がりはフラットなスタートだったが、徐々にドイツがボールをもつ展開にシフト。いつも通りのレーン移動が自在な2列目とハヴァーツで左右に動き、クロースはバックスに落ちる位置を変えながらスイスのバックスと駆け引きを行う。

 スイスは5-4-1の陣形を守りつつクロースに対してはリーダーが深追いするパターンを時折見せる。ただし、マンツーで絶対に捕まえる!というわけではなく、遠い場合には陣形をキープすることを優先する柔軟さを見せる。

 リーダーが出て行く行かないに関わらず、中央をきっちり閉めるアクションはスイスはできていた。ムシアラの落としをギュンドアンが狙ったシーン以外は中央をこじ開けるような形をドイツが作ることができなくなっていた。

 そうした中でアクセントになっていたのは左の大外のミッテルシュテット。背後をとっての左サイドからの押し下げでボックス内にスペースを作る。ファウルにより得点は無効になったが、インサイドに起点を作ることができないドイツにとっては大外からの押し下げは非常に助かるものだった。

 しかし、ドイツはこのゴール取り消し以降、少しずつボールをロストする位置が低くなっていく。スイスは自陣からの長いカウンターを効かせられる状況ではなかったし、保持での変形を見せるほど時間が稼げるわけでもなかったが、高い位置から捕まえられるとなれば話は別。中盤のプッシュアップから少しずつドイツに圧力をかけていき、敵陣での時間を作る。

 すると、先制点を決めたのはスイス。左サイドのシンプルな攻略でドイツの背後をとるとエンドイェが抜け出しからゴールを決めて先制する。

 テンポを取り戻したいドイツだが、中央でのコンビネーションが機能不全な状況を改善できず。特にムシアラの球離れの悪さがこの試合ではマイナスに作用しているように思えた。持ち味と紙一重なので難しいところではあるが、ライン間に2列目を集約している連携がうまく機能しなかったのは確かだろう。

 逆にいえばスイスのコンパクトさがムシアラを狭いスペースから締め出してタッチ数を増やすことを誘発したとも言える。それくらい中盤のスイスの守備の連携は見事。中盤で出ていって3枚になっている時のカバーリングも含めて枚数が微妙に変わっても埋める守備ができていることはドイツを苦しめて前半をリードで折り返す要因となった。

 後半の頭もペースとしてはスイスが優位。高い位置からの追い込みが機能し、ドイツのビルドアップを阻害する。ブロックの中でボールを受けることができないドイツは苦戦。ヴィルツからのタッチダウンパスのようなアクロバティックなチャンスメイクからでなくてはゴールに辿り着けない。ラウムとシュロッターベックを投入する後方の左サイドのユニットチェンジも効果は限定的だった。

 ここからは両チームとも選手交代によるシフトチェンジを図る。3枚替えで前線を総とっかえしたスイスはプレッシングのためのエネルギーを再チャージ。連携面ではやはり未成熟なところもあるし、エンボロのように独力で体を張って時間を作ることができる選手もいなかったが、それでも高い位置から追いかけて行く形で勝負をかけていく。

 持続可能のための交代を図ったスイスに比べて、ドイツは抜本的なモデルチェンジに着手。バイアー投入による2トップ移行を皮切りに、フュルクルクなどタワー系の選手を投入。サイドにはサネを入れてワイドから起点を作る。大外からのシンプルクロスという前半とは全く異なるアプローチでひたすらスイスを殴る。ハヴァーツと交代で入った2人のFWをひたすら狙っていく。

 かなりテイストの変わったドイツの攻撃が奏功したのは後半追加タイム。決めたのはフュルクルク。最強のスーパーサブであるストライカーがスイスから首位の座を奪還。フランクフルトで相見えた両チームは共にノックアウトラウンド進出を決めたが、首位での突破は開催国のドイツという結果となった。

ひとこと

 フルメンバーでのスタメン+なりふり構わない首位奪還というナーゲルスマンのスタンスはグループBとの対戦となる2位だけは絶対回避!ということでいいのだろうか。あと、ジャカのミドルとノイアーのセービングは大会名勝負数歌。

試合結果

2024.6.23
EURO 2024
グループA 第3節
スイス 1-1 ドイツ
フランクフルト・アレナ
【得点者】
SWI:28′ エンドイェ
GER:90+2′ フュルクルク
主審:ダニエレ・オルサト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次